こんな探し方はアウト正しい墓地探しとは

墓地を探すということは、一生に一度あるかないかのことです。そのため、どのような探し方をすれば良いのか分らないという方も多いのではないでしょうか。墓地は一生付き合っていくものであり、高価な買い物になるので、間違いのない正しい探し方で後悔することがないような墓地を選ぶことが重要です。なるべく安い費用で抑えたいと思い、費用だけを重視していると大事な部分を見落としてしまい失敗してしまうことがあります。墓地を探すときは、短期的なことだけで探すのではなく、将来も安心して使用できるのか、お参りに行くやすい環境であるか、など考慮しておいたほうが良いいくつかのポイントがあります。ここでは、正しい墓地の探し方を紹介するので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

立地条件と設備は必ず確認しましょう

墓地は購入してしまえばそれで終わりではありません。お盆やお彼岸、命日など年に何度かお参りに行かなければいけないので、交通の便が良く、自宅から通いやすい場所にある墓地を選ぶということは最も重要なポイントです。年齢を重ねてもお墓参りは欠かすことができないので、坂道が続いたり、急な階段があるなど、高齢になると体に負担になるような場所は避けたほうがよいでしょう。墓地の設備も見学に行ったときは必ず確認しておきましょう。お参りをしたときに困ることがないように、水道やバケツなど最低限の設備が備わっているのかは必ず確認しておかなければいけません。最近は、お参りしやすいように全てバリアフリーになっていたり、売店や送迎のサービスがある墓地もあるので、どのようなサービスが利用できるのかも確認しておくとよいでしょう。

宗旨、宗派や管理体制も確認しておきましょう

自宅からのアクセスもよく、快適に利用することができるような墓地を見つけても、宗旨、宗派が違うと利用することができない場合があります。過去の宗旨や宗派は問わず、誰でも利用することができる墓地もありますが、利用すると特定の宗旨、宗派に属さなければいけない場合があるので、事前によく確認をしておきましょう。墓地を購入するときは、土地の使用料である永代使用料や管理料が必要になります。さらに墓石の費用もかかるので、最初はまとまった費用が必要になる場合がほとんどです。トータルでどれくらいの費用がかかるのかということも事前に算出し、無理なく支払うことができるかどうかも確認しておかなければいけません。永代使用料や管理料は墓地によって異なるので、良いと思ったところがいくつかある場合は比較を行いましょう。